売買シグナルとは?

商売の原則は「安く買って高く売る」それに尽きます。
薄利多売」という考え方もビジネスには存在します。
しかし、1回あたりの売上で大きな利益が出る方が良いに決まっています。
FXにおいてもこの原則は同じ。

為替とは言い換えてみれば「外貨を安く買って高く売る」という行為です。
特に損失が出る可能性もある外貨の販売は、毎回のトレードで出来るだけ利益を出しておきたいもの。
そこで求められることは「いつ買って、いつ売るのか」です。

FX、いや、為替市場は生き物。理想のタイミングで外貨を買い、理想のタイミングで外貨を売る、あなたが相場をコントロール出来ればFXで負けることはありません。

売買シグナルとは?

FX初心者はチャートを見ることに抵抗があるのではないでしょうか?
しかし、チャートを読めるようにならなければ勝てません。
FXの原則は「底値で買い、高値で売る」ですから、チャートの動きを見て「この外貨は今底値にある」という「買い時」を見極めなければなりません。

しかし、自分で分析して「このタイミングで売買する」と決めるのは非常に難しいでしょう。
FXのプロであっても失敗することは多いのに、初心者の知識や経験では損失を出してしまう可能性も高いのです。

売買シグナルはシステムトレードの1つ
人間の感情を挟まない、為替レートの変動に基づいた計算式に当てはめることで勝てるロジックを生み出しているのです。
「このタイミングで売りですよ」という売りシグナル、
「このタイミングは買いですよ」という買いシグナルがあります。
初心者はもちろん、ある程度トレード経験があるのに勝てないトレーダーも試してみる価値はあります。

売買シグナルに応じて自動売買するシステム

FX会社によっては売買シグナルを連絡してくれる仕組みもあります。
しかし、専業トレーダーや日中に携帯取引が出来る人に限られてきます。
一般的なサラリーマン、OLが業務時間に携帯をいじるのはなかなか難しい。
レートを予測して、その地点に達した時に自動で売買してくれる指値、逆指値注文、OCO注文と言った方法があります。


しかし、これでは売買シグナルに対応できないこともあります。
そこで注目すべきものが売買シグナルに応じた自動売買システム

「売買シグナルもシステムトレードの考え方の1つ」と述べました。
売るタイミングや買うタイミングを自動で判断、処理してくれれば確実性が高まるだけでなく、兼業トレーダーでも安心です。

「今日の相場は大丈夫だろうか」
「売買シグナルが出ているのに買えない(売れない)」

もう、そういった心配はありません。理論に基づいたFXで確実に収益を狙いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です