代表的な自動売買ツール

超メジャー自動売買ツール「MT4」

メタトレーダー4

FXの自動売買を語る上で、絶対に外せないソフトがあります。
それはMT4と呼ばれているソフトで、正式名称を「Meta Trader(メタトレーダー)」と言います。

メタトレーダーは自動売買ツールとしては世界中で普及しており、多くのFX業者が自社の自動売買システムにこのメタトレーダーを組み込んでいます。

肝心のメタトレーダーの運用実績や実力のほどはどうなのかと言いますと、メタトレーダー自身には売買手法はありません。あくまでもメタトレーダーというのは世界標準の自動売買プラットフォーム(パソコンで言えばウィンドウズなどのOSのようなもの)であって、そこに後から様々な売買プログラム(売買手法・ルールを設定したプログラム)を読み込ませることによって、その売買ルールに従って自動売買を実行します。

メタトレーダーを実際に利用するにはどうすれば良いのでしょうか。
最も簡単な方法は、メタトレーダーに対応しているサービスを持っているFX業者に口座を開設し、そこで利用するというものです。

日本国内でメタトレーダーのサービスを提供しているFX会社は、Forex.com、セブンインベスターズ、YJFX!(旧:サイバーエージェントFX)などです。

メタトレーダーは外国で開発されたソフトということもあって、海外のFX業者では積極的に導入されています。
日本語対応の海外FX会社が提供しているサービスを利用すれば、海外FX業者でもメタトレーダーを実践することができます。

次に、どんな売買プログラムを読み込ませるか、これが勝敗を大きく分けます。もちろんこれは実績のあるものを採用するのが一番ですから、ネット上のランキングサイトやFX業者が提供する成績ランキングなどを活用して、実績が高いものを選びましょう。
メタトレーダーの売買プログラムのことをEA(Expert Advisor エキスパートアドバイザー)と呼びます。
無料及び有料のEAを後付けで組み込むことで、好みのトレードスタイルを設定することができます。
EAは自作可能ですが、高度なプログラミング知識が必要であることから、ネットで無料ダウンロードもしくは有料購入する場合がほとんどです。
「Forex MegaDroid」や「メタトレMAX」などのEAが有名です。

お好きなEAをメタトレーダーに読み込ませると、自動売買を始めることができます。

メタトレーダーの特徴

  • メタトレーダー本体利用料:0円
  • EA購入・使用代金:無料or有料
  • EAの自作・カスタマイズが可能
  • 自分のパソコンにインストールして使用するので、売買期間中は電源ON

有料のEAについての注意事項

EAを無料で提供しているのは、主にFX取引業者です。
口座開設者への特典サービスの一環で提供しているものなので、本当は無料で提供するようなものではありません。開発費用はFX取引業者が負担しているというだけのことです。

さて、ここでは無料ではなく有料のEAを考察してみたいと思います。
有料EAはほとんどが独自に開発されているもので、その利用料金や購入代金などがそのまま開発費に充てられているということになるので、FX業者とは無関係のものがほとんどです。
そうなると、どうしても警戒したくなるのが「怪しげな開発元」や「怪しげなEA」です。


最近ではちょっと下火になった感がありますが、少し前にはFX情報商材というジャンルがとてもはやっていて、簡単に儲かるというような情報が高値で販売されていたことがありました。
その中のほとんどが取るにも足らないような情報ばかりだということが分かってきたので、今では騙される人も少なくなりました。
そんな情報商材の世界で登場してきたのが、有料のEAです。

“独自のアルゴリズムで開発した自動売買ツールでとんでもない利益が!”

というような触れ込みで広告サイトを作成し、それをFX投資家に販売するのです。本当に利益が出ているEAであれば良いのですが、中にはしょぼいEAであるにもかかわらず、高値で売りつけるというケースがあり問題になっています。

もちろん全てのEAが怪しいというわけではありませんが、あまりにも短期間で大きな利益が出ているというようなことを喧伝しているEAは、ある程度警戒したほうが良いと思います。
そもそもそんなに儲かるEAならば、売るのではなく自分で自動売買したほうがよっぽど儲かるのでは、と思いませんか??

自動売買ツールにお金を使わなくても、各FX業者が提供している無料ツールに充分良いものがあるので、始めはそちらを検討されるほうが良いでしょう。

ひまわり証券「エコトレFX」は完全無料の自動売買ツール

国内のFX業者が提供している無料の自動売買ツールの中で有名なのがこの「エコトレFX」です。
ひまわり証券というFXに力を入れている証券会社が提供しているサービスです。

さて、このエコトレFXは有名なメタトレーダーのようにたくさんの売買システムが用意されており、 自分が採用したい売買方針と合っているものを選んだら、後はその売買システムがチャートを分析して 自動的に売買をするようになります。
エコトレFXでは、売買プログラムのことを「売買システム」と呼んでします。

FX初心者ならFX取引
業者提供の自動売買
ツールが安心
かしら…

売買システムを選ぶ際に、やはり迷うのは当然です。これからの資金運用の運命を握っているのですから、失敗したくないものです。
そこで活用したいのが「収益ランキング」といって、収益の成績が良いものをランキング表示しているページです。
そこにある情報をもとに運用成績が良さそうな売買システムを選べば、より安心度は高くなります。

ちなみに、「MAマスターポンド円H」という売買システムが運用成績が良好で人気が高いです。名称の通りポンド円を使った売買システムです。ある一定期間の成績を見るとプラス56万円くらいで、勝率は42.59%となっています。

また、自動売買システムを選ぶ際に意識しなければならない「最大ドローダウン」はマイナス9万7500円となっています。
この最大ドローダウンというのは、設定した売買システムがこれまでに最も損害を被った時の下げ幅を示しています。これが小さいものはローリターンですが、ハイリターンを求めるのであれば最大ドローダウンも大きくなります。

手持ち資金がロスカットになってしまわないように、余裕のあるドローダウンで選ぶようにしてください。

エコトレFXの特徴

  • 自動売買ツール利用料:0円
  • 操作は簡単、好みの運用ルールを選ぶだけ
  • 売買設定すればパソコンの起動は不要。自動で売買を継続します。
  • 約定自動メールで楽ちん安心確認
  • 気が変われば手動決済もOK

その他の無料の自動売買ツール

FXの自動売買ツールには、無料のものと有料のものがあります。 利益を出そうと思って使うツールなのですから、料金は無料であるほうが収支も良くなるので良いに決まっています。 そんなわけで無料のツールを使おうと思っても、あまりにもたくさんのツールが出回っているので どれが良いのか分かりません。
そこで、代表的な無料の自動売買ツールをピックアップしてみました。

まずは、FXトレードフィナンシャルが提供している「オートFX」。
名称から見ても自動売買をやってくれそうなツールです。このオートFXというのは、たくさんある売買手法の中から、 自分が好きなものを選び、後はそれを自動的にやってくれるというものです。その種類はなんと300種類以上で、 どれも世界的な開発者が考案した有効な売買手法です。
FXトレードフィナンシャルというFX業者のサービスとして提供されてるので、口座を持っている人であれば無料で利用できます。

次に、こちらもFX取引業者であるFXCMジャパンが提供している「シストレステーション」をご紹介します。
FXCMというのは外資系のFX業者で、自動売買ツールについても世界標準の非常に高性能なものを有しています。200以上の売買システムが常に成績を競い合っており、ユーザーはその中から好きなものに「乗っかる」だけです。
それぞれの売買システムには積極型や消極型、損失回避重視型など、さまざまな性格がありますので、 その中から好きなものを選べるようになっています。

最後に、同じくFX業者であるセントラル短資が提供している「FXライブ」。
こちらはテクニカルチャートから示される売買サインを24時間体制でメール配信してくれるサービスです。 最終的な売買注文は自分ですることになるので、自動売買ツールというのとは少し違う感じもしますが、 最終的な売買判断は自分でやりたいという方にはとても便利なツールです。
また、収益ランキングで上位にランクインしている売買モデルをまねた便乗売買ができるので、 儲かっている人にあやかることができるのも、FXライブのユニークな点です。