取引ルールを作り、それを守る


さてFXで利益を上げる方法は、売却益とスワップ利殖が有ります。

売却益を狙うのであればスワップ金利を気にせずに、一定の値幅での利益を狙う。
逆にスワップ利殖を狙うのであれば、売却益を出しにくい体制にすることなのです。
実際のところ上達するにはスワップ金利というのもひとつの手段と割り切ることです。

レバレッジ25倍で長期のスイングトレードなど無茶な話です。
出来ないとまでは言いませんが、ロングスパンで考えたらかなり厳しいのは目に見えています。
資金に合わせた投資スタイルにしましょう、ということです。

よくある失敗に、デイトレードのつもりでポジションを持ったのに、
うまく利確できなかったから明日にしよう、
明日もだめだったからスイングトレードに変更しよう…、
という形でどんどん決済を後回しにして失敗するケースがあります。

これをユーロやポンドでやると本当に大変なことになります。
しかし米ドルや豪ドルであれば戻ってきてしまうこともあるので、これもたちが悪いといえます。

スタイルを崩さない、とにかく勝てればいいというのではなく、決めた取引ルールを守ってトレードをしていくべきでしょう。
まずはルールを守ることです。

株式投資の賢人、ウォーレン・バフェット氏の投資名言に、

  • ルール1:絶対に損をするな
  • ルール2:絶対にルール1を忘れるな

があります。
株式とFXは投資戦略が異なりますが、投資ルールを守る大切さは共通しています。

初心者のころは、とかくルールを曲げがちですが、相場状況が良くなることを祈って塩漬けさせるよりも、エントリーに失敗したらさっさと損切りをすることです。
きちんと意図したとおりに動いて勝たないと、だめでも放っておけば勝てるというトレードになり、結果として負けてしまうことになります。