売買の注文方法 基本編

成り行き(なりゆき)

FXの注文方法には、いくつかの種類があります。その中でも最も簡単明快なのが、 ここで解説する「成り行き注文」です。成り行きというのは株取引の際によく使われる言葉で、 相場が現在つけている値で売買をするという意味です。
FX業者によっては注文方法の名前が異なっていて、「マーケット注文」 と呼んでいるところもあります。名称が違っていても、どれも成り行き注文であることに 違いはありません。
売買注文というのは思っていたような値動きにならなければ成立しないことも 多々ありますが、成り行きの場合はほぼ確実に注文が成立します。 その時点での時価で売買するのですから、とにかくポジションを持ちたいという場合には 一番確実性が高いと言えます。

例えば相場にトレンドが示されていて、この相場に乗りたいと考えた場合、 ちょっと押し目が入ってから参戦しようという余裕もなければ成り行き注文が一番です。 見事トレンドに乗ることができれば、利益確定です。

ただし、指値と違って確実にこの価格で売買をしたいという場合には不向きです。 相場というのは刻一刻と動いているものであって、一瞬だけ目的の価格になったものの、 その後同じ価格になることがなければ、売買チャンスを逃してしまいます。
多くのFX業者には成り行き注文の際に「スリッページ」という概念を設けています。 これは、成り行きで売買しようと思って注文を出したものの、 操作が遅れて実際の価格と1銭でも誤差が生じたら売買が成立しないというものです。
これを防ぐために、一定の範囲内であればスリッページが発生しても売買を成立させる という機能もあります。
2銭までのスリッページは認めるという設定にしておけば、成り行き注文を発注した時 すでに時価が動いていても、2銭の範囲内であれば売買を成立させます。 希望する価格での売買ということから見ると若干の誤差が生じますが、 より確実に取引を成立させることができます。

指値(さしね)

成り行き注文とは逆に、特定の価格で売買を成立させたい時に用いるのが 指値注文です。 値を指すと書いて指値注文というくらいなので、指値注文を出しておけば、 相場が目的の価格に到達したら自動的に売買が成立します。
指値注文のメリットというのは、言うまでもなく目的の価格で確実に売買ができることです。 FXというのは1銭単位で利益を狙うものなので、1銭の誤差が成否を分けることも 少なくありません。
特に分単位での短期売買を繰り返しているという場合は尚更でしょう。
そんな時、指値注文は高い正確性を発揮してくれます。

自分が売買画面に張り付いていられる時であれば指値注文を出さなくても 目的の価格になるのを待ち構えていて、その価格になったら即座に注文ボタンを クリックすればいいと思いがちです。これで指値注文と同じ効果が得られそうな気もします。
しかし、これは実際にFX取引をやってみると分かるのですが、目的の価格になったものの、 一瞬でまた動いてしまうことがあります。
ほんの0.1秒だけ目的の価格になって、その後は相場が反転してしまったとしたら、 絶好の逆張りチャンスを逃したことになります。
こういう時であっても、指値注文であればたとえ0.1秒間しかつけなかった値であっても、 しっかり注文を成立させてくれます。この点は人間とコンピューターの能力の差 と言っても良いでしょう。
コンピューターよりも素早い反射神経を持っている超人であれば 必要ないかも知れませんが、たとえ売買画面に張り付いている時であっても、 指値注文を活用したほうが得策だと思います。
なお、この指値注文というのは新規売買注文だけでなく、決済注文にも利用可能です。

逆指値(ぎゃくさしね)

指値注文は新規注文と、決済時の利益確定に利用する ということを前提にしたものです。しかし、相場というものは生き物なので、 思っていた通りになるとは限りません。もちろん思惑と反対の方向に進んでしまった 場合というのもありますが、そればかりではなく、思っていた方向に進んだものの、 予想よりも強い力で相場が動いたということもあるでしょう。
いずれの場合であっても、成り行きや指値だけでは損失のブレーキや 利益の最大化はできません。
そこで利用したいのが、逆指値です。

逆指値というのは、通常の指値とは反対です。
例えばある通貨ペアが上昇して、一定の価格になったら買い注文を入れる というような場合に用います。ちょっと分かりにくいかも知れませんので、 ドル円で例えてみましょう。

これは実際にあった値動きで、2011年3月にあった東北の大地震で極端な 円高が進んだ時がありました。ドル円は80円というラインが強く意識されており、 それまでにも何度か80円をブレイクして79円台を目指そうとする動きがあったのですが、 何度となく跳ね返され、いつしか市場には「80円に近づいたら上昇」 というムードが流れていました。

基本の注文方法は
ちゃんと理解
しなきゃね…

しかし、大地震でまたもや円高の強い圧力がかかり、遂に80円をブレイクして 79円台に突入、その後はストップロスを巻き込んで円高がさらに進み、 史上最高値となる76円台をつけるという大相場になりました。
この時、もし「80円をブレイクするようなことがあったら売り参戦してみよう」 と考えた投資家がいるとします。実際にはなかなか80円が破られることは ありませんでしたが、破られてからというのは一気に下落しました。
この投資家が逆指値で「79.90円になれば売り注文」というオーダーを入れていたら、 この大相場に乗ることができていたことでしょう。

逆指値は、損切りにも活用できます。先ほどの大相場に例えると、 ドル円の買いポジションを持っている人が「80円の壁は厚い。それをブレイクする ようなことがあったら怖いから79.90円で損切り」という相場観を持っていたとしたら、 80円以上の買いポジションに対して79.90円の逆指値売り注文となります。