カナダドル ~資源国の通貨~

カナダドル紙幣

広大な国土と、雄大な自然。カナダを象徴するイメージというのは、こうしたスケールの大きなものがたくさんあります。そんな広大な国土には豊富な資源があり、それらはカナダの主要な産業となっています。つまり、カナダは世界的な資源国です。

主な資源としては石油、パルプ、天然ガスなどがありますので、これらの資源価格がどうなっているかということがカナダ経済に大きな影響を与えます。
資源価格が高騰している時というのはカナダにたくさんのお金が流れるので、経済は活況になります。

逆に資源価格が低迷している時というのは、単にお金があまり入ってこないというだけでなく、価格が低迷するということは売れていないということを意味しているので、やはりカナダ経済には打撃となります。

また、カナダは国境の多くをアメリカと接しています。
アメリカとは政治的にも経済的にも密接な関係にあるため、世界一であるアメリカの経済がどういう状況にあるかということがカナダ経済にも影響を与えます。

アメリカ経済が好調であれば、カナダドルも買われることになるので、FXの投資家はカナダ経済の指標よりも アメリカ経済の指標に注目しているということもよくあります。

資源国通貨であるカナダドルは、資源価格の上昇につられて上昇するという特性を持っています。しかし、資源価格が上昇するということはアメリカ経済に負担をかけることになるので、やがてアメリカ経済に悪影響が及びます。
そのことが指標などで見られるようになると、間接的にカナダドルに売り圧力となります。

資源価格とアメリカ経済、この両者に挟まれたて値動きが起きるというのは、カナダドルならではの特徴です。