売買取引にオススメの時間帯があります

FXは24時間動いている外為市場を舞台にして行う取引です。
ひとつの市場が24時間ずっと動いているというものではなく、これは世界各地の市場が時差の関係で常にどこかが動いているから、という理由です。
時差の関係で世界の主要な外為市場がずれて動くので、それぞれの時間帯にそれぞれの市場の特徴が色濃くでます。

その特性を利用して、FX取引をするおススメの時間帯というものがあります。
最も分かりやすいのが、世界の主要市場がオープンする時間帯です。
世界3大市場というのは東京ロンドンニューヨークですが、その中でも欧州とアメリカというのは外為取引高も多く、毎日活発な取引が行われています。

つまり、ロンドンとニューヨークそれぞれの市場が同時に開く時間帯というのは、欧州勢とアメリカ勢がそれぞれ参戦してくる時間帯なので、相場が動きやすくその時間帯を狙って 取引をするとその日のトレンドをつかみやすく、成功率が高くなります。

17時と22時は
勝負の
時間帯ね…

それぞれの市場が開く時間帯を日本時間に直すと、ロンドンオープンが日本時間の午後5時(ロンドンでは午前9時)、そしてニューヨークが午後10時(ニューヨークでは午前9時)です。
そして、ロンドンとニューヨークが同時に開いている時間帯、日本時間で22時~24時が最も勝負の時間と言えるでしょう。

特にアメリカの経済指標は為替相場に影響を与えやすいのですが、そういった数値が発表されるのは ニューヨーク時間の午前9時台、つまり日本時間の午後10時台なので、その時間帯は相場に張り付いておいて、指標発表によって相場が動き始めたらそれについていくというトレンドフォロー売買は大いにおススメです。

午後5時台と午後10時台、この2つの時間帯だけを注意して見ておくだけでFX取引の成功率は 飛躍的に高くなりますので、覚えておいてください。