FXって税金がかかるの?


当然ではあるのですが、FXにも税金がかかることはご存知でしょうか。

もちろんこれはケースバイケースではありますが、最大で利益の半分を持っていかれることがあります。
これは知らないと裁判沙汰になるケースもありますのでチェックしておきたい部分でもります。
ただ課税対象になるのは年額で利益が20万円を超えた場合からになりますので、お小遣い程度で始めた方や、勝てていない方は税金の課税は発生しません。

それだけでは言っていることがわからないと思いますので、まずは確定申告の条件についてですね。
確定申告が必要な人は年間給与収入が2000万円を超える人、給与を一つの会社からもらっていて、給与や退職金以外の所得の合計額が20万円を超える人、給与を二つ以上の会社からもらっていて、年末調整をされなかった給与収入と給与や退職以外の所得の合計額が20万円を超える人、給与の他に貸付金の利子や店舗などの賃貸料などの支払いを受けた人、災害減免法により、源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受けた人、外国の在日公館に勤務する人で給与支払いの際に所得税を源泉徴収されていない人、となっています。

簡単に言えば年収2千万の方、副業で20万以上稼いでいる方、転職や退職後再就職した方、不動産やお金の貸付で利益が出た方、海外で働いている方、その他の6パターンとなります。
今回の場合2番目のケースに該当します。

FXの場合は雑所得になりますので雑所得として確定申告が必要です。
ただ事業としてやっている場合は、家賃や電気代、ネットのプロバイダ料金で相殺することが可能なので、ある程度減免することは可能です。

しかしながらサラリーマンの場合収入をすべて加算して税金が計算されるので、ちょっと工夫が必要になってきます。