日本人はFXにおいて売買タイミングに恵まれている

SHARE

日本人はFXにおいて売買タイミングに恵まれている


株式相場であれば9:00から15:00となっていますが、FXはいつ取引が出来るのでしょうか。
まずここでお話しておきたいのが、外国為替という性質上、すべてのマーケットがしまったとしても土日を除いて24時間常にやっています。

正しくは為替市場というのは存在しないのです。
金融機関と銀行が主体となって電話とネット回線で取引をしているため、具体的に市場というものはないのです。
さて、では具体的にどう動いているのか説明していきます。
月曜日に関しては朝の7:00から取引が出来る証券会社が多いですが、早いところでは
朝の4:00というところもあります。

ただ早い時間ですとスプレッドが広がっていることもあり、あまりトレード的にもよいとはいえないかもしれません。
7:00から動き出してその後、9:00から日本の東証が動き始めます。
このメインで開いているマーケットの時間帯から9:00から15:00を東証時間、16:00
から22:00をロンドン(欧州)時間、23:00から朝の5:00までをニューヨーク時間と呼ぶことがあります。
実際この時間帯区分でマーケットの動きが大きく変わることが多いのです。
大きく動くのはロンドン(欧州)時間といわれています。

その後ニューヨーク時間となりますが、日本時間にして深夜の2:00ごろには動きが落ち着いてくる傾向があります。
場合によっては3~4:00に動きがあることもありますが、金曜日となると完全に動きがなくなっていることも多いです。
日本人がトレードすることが多いのはそのうちニューヨーク時間と呼ばれる23:00からが一番多いです。
しかもこの時間は一方方向にずっと進む傾向があるため、一度方向を捉えると利益を出しやすいのでやりやすい時間帯ともいえます。

日本人はFXにおいて売買タイミングに恵まれているというのはそういった点からです。