FRBとは?


経済に大きな影響を与える政策金利の発表。

日本であれば日本銀行が政策金利を発表すると経済に対しての影響があります。

例えば、不況であれば政策金利を引き下げます。
そうすると、企業は銀行からお金を借りやすい。
つまり、事業の展開や企業の維持が可能となり、経済を刺激することが出来るのです。

反対に景気が良くなってくると、その過熱を抑えるために金利を上げて経済の動きを抑制するのです。
日本の「円」は世界的に見ても非常に評価の高い通貨です。
「偽造されにくい」と有名で、通貨としての信頼性が高いためです。

しかし、日本自体は非常に低金利であり投資家達にとっては魅力の薄いものです。

為替レートを握るFRB

やはり、世界経済を動かす基準は「アメリカドル」。
世界の基軸通貨として存在し、貿易時にもアメリカドルを使用することが一般的であるため、
圧倒的に通貨の流通量が多いのです。
つまり、アメリカドルに何かが起きると世界の経済は何かしらのショックを受けるのです。

アメリカが政策金利を発表するとアメリカドルに大きな影響があります。
いえ、それだけではありません。
FRB(連邦準備制度理事会)と呼ばれる、アメリカ版日本銀行のような、中央銀行的な存在が少し動くだけで為替レートは大きく変化します。

例えばFRBの議長が「ドル安を容認する」という主旨の発言をした時
「日経平均株価がガクッと下がった」という事も。
つまり、それだけ影響力のある機関であり、FXトレーダーとしてはその言動を逐一チェックしておきたいところです。

複雑な為替の構造も1つずつ分解しよう

FRB議長の発言
良く聞いて
おかなくちゃね…

FRBの理事7名を含めた12名で行うアメリカの金融政策を決める会合。それがFOMCというもので、FRBの議長がFOMCの議長を担当しています。

年8回開催され、3週間後にその議事録を発表するのです。
FOMCの発表する結果によって、アメリカドルの政策金利が変わります。
これは「ドル/円」だけに与える影響ではありません。
もちろん「ドル/ユーロ」など、ドルが絡んだ通貨ペアもそうです。

しかし「ユーロ/円」やその他の通貨にも大きな影響を与えます。
政策金利が変化すると通貨ペアの為替レートもスワップポイントも変化します。
また、思わぬ通貨ペアに影響を与えることもありますが、これは知識と経験によって分析できるものがほとんどです。

世界経済は複雑な構造をしています。
しかし、1つ1つ紐解いていけばある程度の事は理解できるもの。
まずはFRB、FOMCの情報を抑えることがFXの、為替レートの仕組みを知る第一歩となるのです。