両建てとその使い方

通常であれば買いか売りのどちらかのポジションを持ってトレードするのが普通なのですが、両方のポジションを同時に持つという取引方法があります。
それが両建てです。
この両建てはデメリットが多いとして、禁止しているFX業者も有りますが、メリットもあります。

先にデメリットを紹介しておきましょう。
単純に買いと売りを同時に持つので、利益が出ないということです。
もうひとつはスプレッドが二倍(買いと売りとで)になってしまう点があげられます。
加えてスワップが完全に相殺されず損失が膨らむことがある点です。

しかしながら、これらは考え方によってはメリットとなる部分です。

まず利益保存が可能という点です。
どちらかが一方下落して片方が上昇するので、合計した評価額(売り・買いの差額)は変わりません。
よって評価額の保存が可能になります。

買いポジションの時、円高が急速に進み損失が膨らむ際にも、売りポジションを建てることで、そこからの差益を得ることが出来ます。
それによってロスカットを防ぐことが可能になってきます。
タイミングを見て決済するわけですが、プラス利益で手仕舞いすることはタイミングが難しいです。両建てポジションが長期化するとマイナスのスワップポイントが蓄積されていきます。

両建ては短期的、かつ防衛的、限定的に行うのがよい使い方と言えます。