資金はいくらぐらい必要か


比較的低資金で出来るということでFXが注目されていますが、いったいどれぐらいの資金が必要でしょうか。
単純に資金だけでいえば1,000通貨での取引であれば、1万円もあれば十分トレードが可能です。
ただ現在でも初期供託金が10万円ほどの証券会社が多いので、10万円用意し、その後9万円引き出すという手でもよいかと思われます。

ただ資金があればあるほどリスク管理しやすくなるのも事実ですので、なるべくならば大目の資金を確保しておきたいところです。
参考までになりますが、銀行で資金を運用する際は大体レバレッジを2~3倍にしています。
この程度であればポンドやユーロといった変動が大きな通貨でなければロスカットということもせずに運用が可能です。

実際に運用する場合は最高でも10倍ぐらいにとどめておくのが一番よいかと思われます。
確かに現行ではレバレッジを50倍までかけられるので、2万円でトレードすることは可能ですが、損切りした時点でトレードが出来なくなります。

資金としてはやはり5万円から10万円ほどは最低必要でしょう。
各社のFX比較を行い、目当ての通貨ペアのスプレッドなどをチェックしましょう。
証拠金が低い南アフリカランドを選択するという抜け道もあります。
ただ証拠金が少ない代わり、動きが小さいということもあり、大きく狙いにくいというデメリットはあります。

ただ動きが小さい分確実に小さくこつこつと利益を取れるので、お勧めです。
また動きがわかりやすい通貨である豪ドルやNZドルなどもお勧めとなっています。