FXにも通用する株式の専門用語

SHARE

FXにも通用する株式の専門用語

出合い注文は株独特でFXには見られないシステム


株の専門用語の一つに「出合い注文」というものが有ります。
これを理解する前に、まず指値を理解して頂く必要が有ります。

例えばある株券の値段が一万円だとします。ですが1万円の時にその株券を買うのは割高感があるので、9950円にまで下がったら買おうと思ったとします。
サラリーマンなどは会社で勤務中は、9950円のタイミングで株券を買えない事が有ります。
そのため、株価が9950円になったら「自動的に」買うような注文が出せるのです。

ところが日によっては9970円台で下落が踏みとどまるなど、指値に届かない事が有ります。そういう場合は、翌日もう一回指値を設定しなければなりません。

出合い注文は、日時を指定する事ができ、その日時までは何日でも指値の注文がなされます。
4月17日に発注した指値に届かなくても、出合い注文で4月19日までと設定しておけば、その期間中は自動的に指値注文を出すことができます。

上記の「翌日もう一回指値を設定」し直すというのはFXでは見られません。
FXの場合は、指値の初期設定が「無期限」と設定されている場合も多いからです。
逆に、その設定を「本日中」や「1時間以内」などと期限を自由に設定する事も可能です。

今までFXをずっとやっていて株に乗り換えると、違和感感じるシステムかもしれませんね。

先物取引の薄商いとFXのトレンドレス

先物取引でも使われる「薄商い」という専門用語が有ります。

商いというのは、簡単に言うと売買の事です。貴金属の金を買うのも商いですし、金の空売りをするのも売買です。
そして、たまにその売買の量が非常に少ない事が有るのです。そうなると、金の価格はあまり動かなくなります。
それは物の移動の理屈をイメージすればお分かり頂けるかと思います。

誰かが金を買うと市場に出回っている金の量が減ります。という事は、市場に出回っている金の量は「貴重」という事になります。
すると、金の価格は上がります。逆の事をすれば、当然金の価格は下がります。
過去の取引を分析
して次に繋げる勉強
をしなくちゃね…

そして反省をすると、今まで見えて来なかった点が幾つも発見できるものなのです。いかに今まで自分が無茶な事をしていたかが色々と見えてくるものなのです。

まずは履歴を見ましょう。人間の記憶というものは、意外とあいまいなものです。履歴を客観的に見ると、だいぶ今までの欠点が見えてくるものなのです。

そして、この方法はFXにも応用できます。FXの場合は、取引画面で売買履歴を確認できます。その履歴を過去のチャートと照合すると、過去にやっていた方法の無茶な点が幾つも見えてくるものです。

この繰り返しで試行錯誤を重ねます。その方が何かの教材などを買うよりもずっと効果が高いというのが「相場のことは相場に聞け」という格言の本来の意味かと思われます。

過去の古傷を掘り返すのは心理的に大変な作業ですが、冷静な頭で反省をする事は非常に大きな宝物になってくれるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

金取引とFXの特徴を比較してみよう

次の記事

FXの「買い」「売り」の仕組み