FXの「買い」「売り」の仕組み

SHARE

FXの「買い」「売り」の仕組み

hatena

FXにおいて買いと売りが他の投資と微妙に違うということはご存知でしょうか。

まず通常の買いとFXにおける買いの違いです。
ここでは、証券会社にお金をいくら預けているかということはいったん忘れてください。

まず今1ドル100円です。
このとき証券会社から100円を借りて1ドル買いました。
その後、1ドルが101円になったので1ドルを売って101円を得て、借りた100円を証券会社に返すと、1円が残ります。
これがFXの買いです。

逆に証券会社から1ドルを借りて100円にしました。
その後1ドル99円になったので100円で1ドルを買いました。
1ドル99円なので1円要りません。
だからもらっちゃいます。
その後1ドルを証券会社に返します。
これがFXの売りです。

上記の例では売りと買いともに1円の利益を出しています。
損失した場合はその逆で、1円を補填して証券会社に返還しすることになります。

言い換えると、損失が出て足りないから支払う必要があるという段階(正確には含み損が出た段階)になって初めて証拠金や担保金が問題となってきます。

利益が出ている段階では証拠金が問題となることはありません。
確かに取引条件として証拠金が問題になることがありますが、それは「もし損失が出たときにその補填が可能ですか」という意味合いです。
損失が出てしまったときの予防措置として証拠金を担保として預かっているということなのです。

実生活とFXの買いは違う

株式投資をやられている方もそうなのですが、はじめてFXをやる方が「買い」のみで取引をする傾向の原因として考えられるのが、「証拠金=財布」という感覚ではないかという点です。

株式投資や投資信託は、手持ちの資金で株といった商品を買うので正しい解釈です。日常生活で買い物をする際はその通りです。
ただFXの場合は、証拠金は財布ではないのです。

例えると、賃貸のアパートが近いかもしれません。
一時的に部屋を借りるのでその保証金として敷金を渡します。

毎月の賃貸料をマイナススワップだと考えたほうがいいのかもしれません。
部屋を引き渡すときに部屋に破損がなければ敷金は戻ってきます。

FXでは自分のお金で売買をするのではなく、他人のお金を一時的に借りてトレードするということを理解しましょう。
証拠金を日本円で預けて、日本円でドルを買っているため誤解が発生してしまう点は致し方ないと思います。

ただFXの場合ドル円やクロス円以外にも通貨ペアがあります。
初心者は少しややこしくなるのですが、「ユーロドル」でその感覚を矯正すると良いかもしれません。
クロス円ではない通貨ペアであれば、買いからじゃないと取引できないという認識は変わるでしょう。

円は強い?弱い?を判断するための通貨ペア

最近円安円高と騒がれていますが、実際に円高というのはどれぐらいの数字を指すのでしょうか。
円安の具体的な数字は、と聞いても実は出てこないことが多いのです。

明治時代~戦前に1ドル1円という時代が実際にありましたので、最高値は1円ということになります。
戦後、変動相場制になったときには1ドル360円だったので、最安値は360円といえます。
それから考えると今の数字は高いでしょうか、安いでしょうか?
為替における絶対評価というの難しいのです。

絶対評価にしてしまうと1ドル360円から見れば円高ですし、1ドル1円の時代から見れば円安といえます。
完全に値ごろ感であって相対的につけられたのが円高円安という言葉でもあります。

それと同様にあるのが通貨ペアの売りと買いです。
たとえばドルと円ですが、ドルを買うという場合は「円と比べてドルのほうが強いからドルを買う」ということです。
逆に売りというのは「ドルと比べて円が強いからドルを売って円を買う」ということです。

「円は弱い?強い?」と評価するために通貨ペアがあるのです。
ユーロや、ドルと比べるために便宜上に設けられたのが通貨ペアであり、強いか弱いかの比率を数値化したのがレートといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です