千通貨単位の取引に向いているタイプとは

「取引最小単位」は会社によって異なります。「1万通貨単位」のところが多いですが、それより小さい会社もあります。それぞれにメリットデメリットがあります。「最小単位」が大きいほど投資資金も大きくなり利益は大きいですが、その分、リスクは高まります。
「1千通貨単位」の取引に向いているのは、少額資金でスタートしたい人、FX初心者などです。

1)少ない資金で始めたい人

「1万通貨単位」の場合、ドルであれば「1万ドル」以上が最低購入額となります。
1ドル=100円の場合には、1万ドル=100円×1万ドル=100万円です。
「1千通貨単位」であれば、1千ドル=100円×1千ドル=10万円となります。
レバレッジがききますので、これが実際に用意しなければならない金額ではありませんが、最小単位が小さいほど少額からの投資が可能です。

「1千通貨単位」でレバレッジが5倍であれば、1千ドル購入に必要な資金は10万円×1/5=2万円。
レバレッジ10倍であれば、10万円×1/10=1万円です。少額でも始められますから、少ない手元資金で取引したい人に向いています。

ちなみに、マネーパートナーズの『パートナーズFXnano』なら100通貨、SBIFXトレードなら1通貨から取引できます。

2)FX初心者

取引に慣れないFX初心者が高額の投資をしても、うまくいかないことが多いです。
例えば、為替が2円マイナスとなった時の損益を比較すると、「1千通貨単位」の場合2000円の損で済みます。
「1万通貨単位」であれば2万円です。

損失の額がかなり違います。最初は小さな額からスタートして、ある程度のスキルが身についたら大きくしていくと良いでしょう。
デモトレードはリアルマネーではありませんので、思考回路が全く異なり、実戦練習にはなりません。投資スキルを付けたいと思ったら、少しだけでも良いので本物のお金を投資するのが近道です。

初期のトレードの練習として活用できますので、「1千万通貨単位」はFX初心者に向いています。

「1千通貨単位」の取引に向いているのは、投資資金が少なく少額からスタートしたい人、トレードの練習中の初心者です。
また、ある程度のFX経験向きですが、一般的に1万通貨ではやってはいけないとされる「ナンピン」が可能となることから、経験者の応用編としても千通貨は使えます。