バイナリーオプション向きのタイプとは

バイナリーオプションは、仕組みがシンプル、少額投資ができて低リスク、短期で結果が確定できるなどの特長を持っています。誰でも簡単にスタートできる気軽さと、プロも困らせる奥深さももっています。FX初心者、サラリーマンなど日中働いている人、学生や主婦などに向いています。

1)FX初心者

FXはチャートを常にみなければなりません。いつ売るのか、買うのかという決断もしていかなければなりません。一歩まちがえると、大きな損失につながってしまうこともあります。FX初心者がすぐに慣れることは難しいです。

FX取引は初めてという人は、最初の入り口としてバイナリーオプションを試してみるのも良いでしょう。二者択一の単純なルールですし、難しい理論を知らなくてもスタートできます。損をしても自身の投資額だけです。いくらまでなら使えるかを決めておけば、大失敗することはありません。

一般的に、1回の取引(1チケット)は数百円から参加できますので、千通貨単位取引よりも少額で取引に参加できます。

2)サラリーマンなど

通常のFXだと、数十分~数時間チャートを見ていなければなりません。仕事の合間に取引することが難しい人には向いていません。
バイナリーオプションなら、その瞬間だけを気にすれば良いため、一日中レートを確認していられない人でも始めることができます。夜中でも取引できますから、忙しいサラリーマンが、仕事を終えて家に帰ってから始めることもできます。

一度買ってしまえば、判定時間までレートを気にする必要はなく、結果を待つだけですから気楽です。

3)学生や主婦

数百円の少額からはじめられるので、お金に余裕が無い学生や、主婦の小遣いでも気軽に資産運用を楽しめます。ちょっとした気晴らしとして使うこともできます。

4)ギャンブルが好きな人

バイナリーオプションは、規制強化が検討されるほど、射幸心を煽るギャンブル的要素が強い商品です。
日本人はキャンブル好き、と言われるほど身近に賭け事が広まっています。
競馬やパチンコが好きな方なら、バイナリーオプションをギャンブル的に楽しむことが出来るかもしれません。
またバイナリーオプションの参加チケットを購入し祈る行為は、宝くじ・ナンバーズ・ロト6を買う感覚に似ています。単純に五分五分なので二回に一度は勝てる計算ですが、ある程度為替予測が働くはずなので、工夫次第で勝率を上げることは可能でしょう。
ネットで行う合法ギャンブルと捉える人は少なくないようです。