自動売買向きのタイプとは

FXの自動売買とは、専用のソフトにあらかじめルールを設定しておくと、それにしたがって機械が自動的に売買する仕組みのことです。システムトレードともいいます。
自動売買に向いているのは、初心者、忙しいサラリーマンなど、損切りが苦手な人、です。

1)FX初心者

FXで利益を上げようとすれば、為替をチェックし新聞やWEBなどの情報を整理して戦略をたてなければなりません。
感情に流されない冷静で客観的な判断も必要です。どちらも初心者にとっては難しいことです。そのため、思わぬ損をしてしまうことや、儲け損なうことがあります。

FX自動売買のプログラムはプロの取引手法を取り入れたものですから、初心者であってもすぐに上級者の真似ができ、始めたその日から利益が期待できます。

2)忙しいサラリーマンなど

忙しい会社員やOLは、為替についての情報を収集したり投資方針を立てたりする時間を作ることが難しいものです。
せっかくFXをはじめても、スキルをつける前に資金が底をつき、FXそのものを止めてしまうということにもなりかねません。
自動売買を使えば、ある程度の実績があげられますから、時間をかけてスキルを磨くことができます。

また、統一されたルールで売買を繰り返しますから、結果の分析もしやすくなります。

自動売買では機械が自動判断して決済してくれますから、仕事の時でも寝ている時でも、タイミングを逃すことはありません。

3)損切りが苦手な人

感情的なムラや優柔不断な性格から損切りの決断ができずに、大きな損失をだしてしまう人もいます。自動売買をつかえば、一定の決まりに従って実行してくれますから、タイミングが決められない悩みから開放されます。
スキャルピングスイングトレードのような自己判断で取引(裁量取引)を経験してみると分かると思いますが、特に損切り時の感情コントロールが非常に難しいです。ですが機械は決められたルールに、クールに対応してくれます。

FXの自動売買は、予め決めておいたルールに基づいて、機械が自動的に売買する仕組みです。
相場の動きをチェックしつつ情報を収集することが難しい初心者や忙しいサラリーマン、損切りが苦手な人、裁量取引で上手くいかなかった経験者に向いています。