スキャルピング向きのタイプとは

スキャルピングは誰にでも向いているわけではありません。自己管理がしっかりとできる人、感情のコントロールが上手な人、リスク管理がうまい人、常に上を目指している人、などが向いています。

1)自己管理がしっかりできる人

一定のルールを自分で決めて、それにしたがった運用ができなければなりません。運にだけ頼っていては成功できるはずがありません。数秒、数分を争う取引を長い時間つづけるのですから、集中力が必要です。体調管理や時間管理もしっかりできなければなりません。

システムトレードで取引する場合には、瞬時の判断力というものは必要ではありませんが、代わりに、プログラミングや数学的知識が必要となるでしょう。

2)感情に流されない人

数秒単位、数分単位で勝ちと負けがつぎつぎ繰りかえすわけですので、冷静さを失いやすくなります。客観的な判断ができなくなり気分だけで取引するようになってしまうと、大損してしまいかねません。厳しい状況でも的確な判断ができる強い精神力が必要です。

3)リスク管理がうまい人

スキャルピングでは1回ごとの利益は小さく、なんども繰りかえすことで利益を積み上げていきます。負けの損失も小さいため鈍感になりやすくなります。気のゆるみから、こつこつためてきた利益を一瞬で失ってしまうこともあり得ます。

4)上を目指して努力できる人

スキャルピングは簡単にうまくいってしまうものではありません。小さな努力を積み重ねることで利益をあげる取引です。向上心をもって日々努力しつづけられる人に向いています。

集中力を保つ自己管理ができる人、感情のブレが少ない人、リスクに細心の注意をはらえる人、向上心の高い人、などがスキャルピングに向いています。