テクニカル分析向きのタイプとは

為替取引の予想方法には2つの方式があります。
1つはテクニカル分析で、過去のチャートをパターン化して現在にあてはめ、将来の動きを予測するものです。分析技法には多種類ありトレーダーによって使う技法が異なります。
もう1つはファンダメンタル分析。経済成長率やマネーサプライ、政策金利、雇用情勢などさまざまな経済指標を元に分析して将来予測をするものです。どちらの方法にも一長一短あり、100%確実なのではありません。
テクニカル分析が向いている人は、比較的短期のトレードをする人、スキャルピングトレード派の人、直感的な人です。

1)比較的短期のトレードをする人

ファンダメンタル分析は時間がかかり短い期間の予測に合いません。そのため、短期売買では多くのトレーダーがテクニカル分析を活用しています。似た手法を使ってトレードする人が大勢あつまると、結果として値動き事態が予想に近づく傾向となります。
多くの人が同じタイミングで「買い」と判断するために買いが集中、値上がりするわけです。同様に「売り」もタイミングがそろうため値下がります。
そのためテクニカル分析は、短期トレードに向いています。

2)スキャルピングトレード派の人

ファンダメンタル分析は細かな売買タイミングを見つけるのには不向きです。スキャルピングでは、短い時間に売買判断をしなければなりません。
そのため、視覚的に判断のしやすいテクニカル分析がマッチします。

3)直感的な人

テクニカル分析は分析ソフトにより視覚的に描かれます。チャートをからひらめきを得るタイプの人には向いています。

比較的短い期間の取引をする人、スキャルピングトレード派の人、直感に重きをおく人などが、テクニカル分析に向いています。