公的なFX取引所は安心なのか?

FX取引の安全性を高めるために

FXというのは、規制緩和によって誕生した取引です。それまではインターバンク市場と呼ばれる外国為替市場は名称の通り銀行などにしか開放されておらず、個人投資家が関与することはできませんでした。
外貨預金などの手段で外貨を取引することはできましたが、手数料が高く満期時の為替リスクなどがあるので、現在のFXほど完成された投資商品だとは到底呼べないものでした。

外為法の改正により、個人がインターバンク市場に参加できるようになったのは画期的なことでした。レバレッジ効果などの魅力もあって、FXはまたたく間に取引量が拡大し、顧客数も伸びました。そうなると必ず現れるのが、一部の怪しい業者です。預かっている保証金の管理がずさんであったり、ひどい場合は最初から限りなく詐欺に近い悪徳商法にFXが利用されるという事件も頻発し、投資家の間から「FXは怪しい」という印象を持たれるに至りました。

これでは今後のFXという投資商品にとって悪影響であると考えた結果、FX業界の代表的な業者が集まって、ひとつの市場を作るという構想が生まれました。その結果、東京金融取引所に外国為替証拠金取引(FX)の取引所を設けることになりました。
それが、「くりっく365」です。

くりっく365には、大手証券会社が多数参加しています。これらの証券会社で提示されている取引レートというのは、全てくりっく365から提示されているレートなので、同じレートを共有して取引することができます。
もちろん全てがそうだとは言いませんが、FX取引の健全化を目的に設立されたという経緯があるので、くりっく365に参加している企業というのはおおむね安全性において一定のレベルを超えているわけです。
もちろん、くりっく365に参加していない企業は怪しいというわけではありませんが、「FX取引で投資家に不正な売買是正」というニュースでもあるように(または「ストップ狩り」で検索)、一部の企業で怪しい為替レートを提示して投資家に不利な条件で約定させることがあるようです。
よって、「くりっく365」は安全性や透明性を重視した取引がしたい投資家の方にオススメのFX口座となっています。

くりっく365で取引したい

安全性や信頼度の高いくりっく365での取引を希望するFXトレーダーはたくさんいます。それでは、実際にはどうすればくりっく365での取引が可能なのでしょうか。
その答えは簡単で、くりっく365に参加しているFX業者に口座を開き、そこで取引をすれば良いのです。くりっく365に参加しているFX業者の例を挙げてみます。

くりっく365って
安全性に特徴が
あるのね…

岩井コスモ証券
インヴァスト証券
FXブロードネット(旧 FXトレーディングシステムズ)
岡三オンライン証券
岡安商事株式会社
カネツFX証券
カブドットコム証券
KOYO証券
GMOクリック証券
住信SBIネット銀行
大和証券
立花証券
野村證券
みずほ証券
豊商事株式会社
楽天銀行
※最新情報はくりっく365公式サイトを確認してください

これらの業者で、くりっく365口座を開き取引をするということは、自動的にくりっく365の市場に対して売買注文を出していることになるので、高い安全性に守られたFXトレードが可能です。
同じ市場を共有しているとは言ってもそれぞれのFX業者は手数料やスプレッドなどの考え方は異なります。 そのあたりは業者間の競争分野でもあるので、どこで取引をしても全く同じということはありません。

例えばドル円のスプレッドについても、くりっく365では2銭が提示されていますが、FX業者によってはこのスプレッドが2銭以下であったりします。これはFX業者のそれぞれが企業努力によって手数料を安くしているわけで、くりっく365のレートと異なる数字が提示されることになります。
くりっく365は公式サイトを設けていて、 そこでも最新のマーケット情報が公開されています。
面白いのは買い気配や売り気配の数値が公開されていて、出来高などの情報もあります。 これはFX業者の売買画面では見れないこともあるので、市場の動向をつかむためにこうした情報を活用するのも良いかも知れません。