その前に資金とリスクを把握

SHARE

その前に資金とリスクを把握


FXをはじめましょう!といっても始める前に考えることがいくつかあります。
そのひとつとしてあげられるのが資金の問題です。

2010年の7月まではレバレッジの制限がなかったのですが、2010年からレバレッジ50倍以下という制限がつきました。
一時期は1万円あれば取引可能という売り文句で売り出していたFX業者も、今では2万円という表記に変えたりしていることが多いのです。

または1万円でも取引可能だったとしても、ロットを小さくするなどしていることも多いのです。
ただレバレッジの問題としてはロットの問題が大きいでしょう。
そのため安全のトレードするのであればそれなりの資金が必要となってきます。
もしくは少ないロット数での取引が可能なFX業者にすべきでしょう。
ロットを小さくすればその分証拠金が少なく、損をする金額も減るのでリスクを少なくしてトレードが可能になります。
資金に対してパーセントや額で考えるトレーダーもいますが大まかにレバレッジが3~5、最高でも10倍といわれています。

この額であれば比較的損害は少なく済みます。
ハイレバレッジ(日本国内では50までではありますが)にするのであればある程度利益を出せる実力を持ってからのほうがよいでしょう。
無論FX業者によってはロットの変更が出来ないところもありますので資金にあわせFX業者を探すことになります。
また資金管理についても、どれぐらいまでなら大丈夫か、これ以上は難しいといった枠組みを作っておくことも重要になってくるでしょう。
そうすることで、資金の管理がよりしやすくなるはずです。