FXの手数料として働く「スプレッド」とは

ニュースで報道される円相場の最新レート。
それを見ていると、「80.50-80.52」というような表示になっていることにお気づきの方も多いかと思います。 ニュースを読み上げるキャスターの言葉を聞いていても、
「今日の東京外国為替市場の円相場は、1ドルが80円50銭から80円52銭で取引されています…」
という感じです。
株価など、他の相場を見ていると価格と言うのはひとつですが、 なぜ外国為替だけがこのように「○○から○○」という表現になるのでしょうか?

2つある価格の差のことを外国為替ではスプレッドと呼びます。
先ほどの例で言うと、「80.50-80.52」というのは、買いレート売りレートの 2つを同時に表示しているのです。この場合、買いレートは80.52円で売りレートは80.50円となります。
そして、両者の間に2銭の差があるので、スプレッドは2銭ということになります。

スプレッドは取引
手数料みたいな
ものね…

株などの取引においては、売買手数料というものがあります。
しかし、FXにはその概念が今はあまりありません。かつては売買手数料を設定していた業者も多かったのですが、 今では競争もあってほとんどのところが手数料無料です。
その代わりというわけではありませんが、FXにはスプレッドという差額を設けることによって、 そこで取引に関わる業者が利益を出しています

しかし、このスプレッドについても小さいほうが投資家は利益を出しやすいので、 ここでも競争が起きてスプレッドは縮小する傾向にあります。 多くのFX業者ではドル円のスプレッドを1銭程度に設定していますので、 ドル円では短期売買で利益を出しやすいということになります。

他の通貨を見ると売買量が少ない通貨ほどスプレッドが大きいという特徴があります。
これは流動性といって、思い通りの価格で売ろうと思った時に買ってくれる人が見つかりにくい際に、 スプレッドを大きくすることで取引業者がリスクを削減しているからです。
ドル円やユーロドルなど、いわゆるドルストレートと呼ばれる通貨ペアは流通量が多いのでスプレッドは小さくなっています。