トレンドを読む

トレードをする際に必要なこととして、トレンドを読むことがあります。
さてまずトレンドとは何でしょうか。

簡単に言えば価格が上昇しているか下降しているかということです。
チャートを見れば一目瞭然、と思うかもしれませんが本当でしょうか。
チャートにも種類があって、1分間の値動きを収めたものから大きなものでは、一日、一週間、一ヶ月というものまであります。

それを見ればいいのかと思われるかもしれません。
通常証券会社のチャートは5分足か10分足であることが多いです。
確かに利用されている方は多いのは事実です。

ですがチャートひとつの期間で見るというのは危険です。
10分間に1円上がったからといって完全に上昇トレンドといえるでしょうか。
あがった原因もあるでしょうし、もしかしたら下落していたのに一時的にあがったものかもしれません。
一日のうちに何度も上昇したり下落したりしますが、実際のトレンドはどうなのでしょうか。

それを把握するとなるとそのトレンドが起こっているだろう時間からさらに長い時間帯でないと判断がしにくいのです。
今週一週間ずっと下がって、その時間だけ上がったということかもしれません。
チャートを見るときは長い時間足から見て一段階ずつ短いものにしていくとトレンドが理解できます。
そのトレンドに沿っていけば売買はしやすいはずです。

またもみ合いになっているなど判断が出来ないときはトレードしないことも必要です。
わからないところで売買をすると結果として損失を招くことが多いのです。
トレンドがわかりにくいときも同様です。